姓名判断の基礎知識

姓名診断は、人の名前からその人の性格や、恋愛や家族、仕事や成功についての運勢を占います。

日本では伝統的に、人の姓名の漢字の画数を使った姓名診断が行われてきました。

最もオーソドックスなのは、五運と呼ばれる5種類の画数を用いて姓名判断を行う方法です。

>>面倒な説明はすっ飛ばして運勢を占う

五運とは何?

天格

天格は姓の漢字の総画数です。姓は祖先から受け継ぐものなので、祖格とも言われます。

天格は晩年の人生に大きな影響を与えます。

人格

人格は姓の最後の漢字と、名の最初の漢字の画数を合わせたものです。

姓と名の両方の漢字の画数を用いることから、五運の中心をなします。そのため、主格と言われることもあります。

人格はその名の通り、特に人間の内面を表します。

地格

地格は名前の漢字の総画数です。

幼年期の運勢を表し、人間の成長過程に大きな影響を与えます。そのため、金運や仕事運、適職や才能などに関わります。

総格

姓名の漢字すべての総画数です。総格による運勢は人生の晩年において特に強く影響します。

外格

外格は総格の画数から人格の画数を引いた画数です。

家族や職場環境、対人関係、社会関係などの本人の内面ではなく外部環境の運勢に関わります。

個人でも生きられるようになった現代においても、人間は一人で大きく成功したり、幸せになることは難しいです。そのため、対人関係や社会関係に関わる外格は重要です。

五運のそれぞれの格については、個別に詳しく解説しています。

天格|人格|地格|総格|外格

霊数と凶数

姓名判断には霊数と凶数という二つの文字があります。

霊数は、姓と名前が1字の場合にそれぞれ足す数です。

五格を元にした姓名判断では、原則として姓と名がそれぞれ二文字であることを前提にしています。

そのため、一文字の姓名の場合には、元の画数に1を加えて画数とします。この数を霊数とします。

なお、流派によっては一文字の姓名であっても霊数を加えない場合もあります。また、どの流派でも総画の画数を数えるときには霊数は加えません。

凶数は、その名前のとおり、凶意を示す数です。

具体的には、次の数が凶数とされています。

2 4 9 10 12 14 19 20 22 26 28 34 36 44 46 50 54 56 59 60 62 64 66 69 70 72 74 76 79 80

ただし、五格では姓名の画数の調和(バランス)が大切なので、上の凶数を含んでいることが必ずしも悪いこととは限りません。

吉数とは?

凶数の反対に吉数もあります。

一般的には、1、3、5、6、7、8、11、13、15、16、17、18、21、23、24、25、29、31、32、33、35、37、38、39、41、45、47、48、52、57、58、61、63、65、67、68、73、75、81が吉数と言われています。

8と9のような例外もあり、また流派によって違いもありますが、原則として奇数が吉数、偶数が凶数となります。

ただし、吉凶はあくまで組み合わせによるので、吉数の画数の文字ばかり選んでも却って凶数になってしまうこともあります。

いろいろな凶配列

特定の組み合わせは、たとえ吉数同士の組み合わせであっても凶数となることができます。

天地同格

天格と同画が同じ画数となることは、多くの流派で大凶とされています。

陰陽配合

姓名のすべての文字が偶数の画数のみ、まはた奇数の画数の場合のみもやはり大凶となります。

天天地地・精神連鎖

姓の最初の文字の画数と、名の最後の文字の画数が同じものを天天地地と言います。この場合、精神的に不安定になるとされています。

天地連鎖

姓の最初の文字の画数と、名の最初の文字の画数が同じものを天地連鎖と言います。この場合、不幸な現象を呼び寄せると言われています。

>>姓名の画数から運勢を占う運勢占い

>>怪しい電話番号の招待は!?