姓名判断における1字姓と1字名の扱いについて

姓名判断では2文字以上の姓名を前提としています。

しかし、実際には一字の姓や名を持つ人もたくさんいますよね。中には、姓と名の両方とも一字の方もいます。

もちろん、一字の姓名の持ち主は姓名判断が行えないわけではありません。しかし、姓名判断を行う場合には、ちょっと特殊なやり方を行う場合もあります。

姓名判断における1字姓と1字名の扱い・・・霊数を加える

原則として、1字の姓と名を含む場合は、総格を除いて、仮数として1画を加えて画数を数えます。

この特別に加える1画を「霊数」と言います。

ただし、姓名判断における霊数の扱いは流派によって異なり、霊数を加えない場合や、20歳以降の運勢を占う場合にだけ霊数を加える流派もあります。

霊数って何?

霊数についてもう少し詳しく解説しておきます。

姓名判断において霊枢は当然のように使われていますが、なぜ霊数と言うものが存在するのかはあまり詳しく解説されていません。

霊数が存在する理由には諸説あり、明確な定説はないようです。

その名前が与えるイメージのように霊数は特別な数字であるという説もあれば、人によっては、存在自体が適当であるという意見も。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です